顔のたるみを改善したい

レーザーでの治療

たるみの治療の効果
見た目年齢を大きく変えてしまう顔のたるみは、加齢によりある程度は
仕方のないこととはいえ、やはり嫌なものです。

たるみの原因は、老化による顔の筋肉の衰えと、肌の真皮にある
コラーゲンや、そのコラーゲンを支えるエラスチンの減少による
弾力の低下です。

弾力がなくなった肌を、衰えた筋肉が支えきれなくなるため
重力に引っ張られて皮膚が下がり、顔のたるみが生じるのです。

もちろん、太ももや腹などの皮膚にもたるみが生じるのですが、服で隠れない顔は
たるみが目立ちます。

また、紫外線を浴びる事が多いため、肌へのダメージが腹や太ももより大きく
たるみを悪化させるのです。

いったん顔のたるみが目立ちはじめると、自分やエステでのマッサージなどの
ケアではなかなか改善できず、メイクでも隠し切れません。

このような顔のたるみは、美容外科やクリニックでの治療が効果的です。
従来は、顔のたるみ治療と言えば、顔の皮膚を切って
たるみを引っ張り上げる施術が主流でした。

技術が進んだ現在では、たるみ治療には美容成分の注射や
レーザー治療などのメスを使わないものが主流になり、
切らなくても大きな効果を出すことができるようになりました。

目的

「切らないリフトアップ」とも言われるレーザー治療は、表皮を傷つけることなく
ピーリング効果で皮膚表面の古い角質を剥がれやすくするとともに、
長い波長が皮膚深部まで届き、コラーゲンの増殖を促し
肌にハリをもたらします。

目標

メスで切除しないため、施術の跡が残らず、腫れなどの副作用もありません。
短時間の治療後はすぐにメイクもでき、他人に気づかれることなく、
たるみのない若々しい肌を取り戻すことができます。