顔のたるみを改善したい

効果はどれくらいで現れる?

たるみの治療の効果
歳を重ねると、いつの間にか顔の輪郭がぼやけて太って見えてしまう場合があります。
しかし、これは実際に太ったわけではありません。

頬の弾力が低下したため、顔全体がたるんでしまい、まるで顔が
大きくなったように見せていたのです。

人の肌には本来、保水力があり、それにより水分を蓄えることで
肌にハリを与え、スッキリとした輪郭に見せています。

しかし、この肌の保水力は加齢とともに低下してしまいます。

するとハリが失われ、輪郭がぼやけることにより顔が太ったように見えてしまうのです。

また、顔のたるみには筋肉の低下も関係しています。
顔にも筋肉が存在し、それらは老化とともに退化してしまいます。

向かい合う

そのため肌を支えることが出来なくなり、重力により垂れ下がってしまうのです。

このような原因のため、ダイエットをしてもこの顔のたるみを
解消することはできません。では、どのような治療が効果的なのでしょうか。


まず、自宅でできる治療としては顔のたるみの原因に働きかけるケアがおすすめです。
肌にハリを与える成分を配合したスキンケアをすると共に美顔器などにより
肌の筋肉を刺激することも有効です。例えばビタミンC誘導体という
スキンケア成分にはコラーゲン生成を促す効果があるため、
肌にハリを与えることができます。

利用する

また、美顔器の超音波振動には低下した肌の筋力に働きかけて
たるみを治療する効果があります。

このようなケアをすると自宅でも簡単な顔のたるみ治療ができます。
その他にもエステやフェイスエクササイズもおすすめです。